2022年9月20日火曜日

AAによる学部紹介!! 第十三弾 ~学習院文学部哲学科~

こんにちは!

学部紹介第十三弾、今回は学習院大学文学部哲学科について書いていこうと思います!

1. 学習院大学について

まず、学習院大学についてです。

学習院は目白にしかキャンパスがなく、とてもこじんまりとしています。キャンパス内は緑も多く、都会のど真ん中ながら落ち着いた雰囲気になっています。
目白駅から徒歩30秒もないという便利な場所ですが、建物自体はやや奥まった場所にあるので門から10分はみておかないと遅刻する羽目になるので注意です......笑

私は入学したのが丁度コロナが流行り出した年でしたので、初めの1年は全く学校に行きませんでした。zoomでのブレイクアウトルームの時間などを利用してなんとか友達を作っていました。学科の特性上、対面の必要性がない授業がほとんどで、いまだに対面での授業は2コマしかなく、キャンパスライフって何ぞや状態ですが、それなりに楽しく大学生活を送れています!

ちなみに私はサークルに入っていないのでサークル活動についての知識が皆無です......すみません......。今は活動自体はされており、忙しい子は本当に大変そうです。




2. 文学部哲学科について

次に学部学科について紹介していこうと思います。

文学部には8つの学科があります。哲学科史学科日本語日本文学科英語英米文化学科ドイツ語圏文化学科フランス語圏文化学科心理学科教育学科です。
学科同士の交流はほとんどなく他の学科がどのようなものなのかあまりわからないのですが、文学部では毎年『文学部がわかる小事典』が刊行されており、講義の内容や先生についてかなり詳しく書かれているので、大学を訪れた際に是非貰っておくと良いと思います。

さて、私が所属している哲学科ですが、哲学というと小難しいことを考えている真面目なイメージをよく持たれます。哲学科は本当に真面目に勉強をする人が多く、あながち間違っていないのですが、わりと明るく大学生活をエンジョイしています!

一口に哲学科と言っても、実は二つのコースに分かれています。哲学・思想史系美学・美術史系です。1年の頃は演習こそ分かれていますが、正式にコースを決定するのは2年の時です。
私が選択しているのは美学・美術史系で、中でも西洋近代美術が専門です。美術史では、日本・東洋美術西洋美術、西洋ではさらに近代以前と近代以降に分かれており、2年の頃に日本・東洋or西洋、西洋では3年の頃に近代以前or近代以降の選択をすることになります。

先ほども書きましたが、哲学科には真面目な人が多いです。というのも、真面目にならざるを得ないからです。レポート課題がめちゃくちゃ多いんです。各授業で200~1,200字程度の課題が毎回出されるうえ、学期末には試験の代わりに最低2,000字から10,000字程度のレポートがあります。成績に関わるものがほとんどで手を抜くことができず、学期末には毎度悲鳴をあげています。

特に大変なのは演習の授業です。必ず20分程度の発表をしなければいけないので、演習を3コマほど取らなければいけない3年では、別の授業の発表が重なってしまうとその準備で日々が過ぎていきます。西洋近代美術では、発表とレポートの形式と内容をどちらもかなり深く突っ込まれるので本当に大変ですが、どこに出ても恥ずかしくないぐらいには鍛えられます!

また、哲学科では原典購読を重視しています。従って、哲学系ではラテン語やギリシャ語、美術系では専門に合わせてフランス語やイタリア語などの習得が求められます。卒論では5冊程度の外国語文献の参照が必要になってきます。語学の授業の単位は比較的取りやすいですが、軽視せずにきちんと取り組んでおくことをおすすめします。

ここまで哲学科は勉強が大変だという話しかしていないのですが、哲学科の教師陣は自身の研究に熱心な方が多く、授業も熱量が高いものになっています。多くのことを学び得ることができるので、満足度が高くて面白い学習をすることが出来ると思います。


    


3. 学芸員課程、司書課程について

最後に資格課程に関して少しだけ紹介します。

文学部では主に教職課程学芸員課程司書課程を取ることができます。
私が取っているのが学芸員課程、司書課程なので、その2つに関しての説明となります。

学芸員課程と司書課程の両方を取る人は一定数いますが、2・3年のコマ数がかなり多くなり、課題も当然多くなります。学部の単位、サークル活動などとの兼ね合いに気を付けてください。ちなみに教職課程はその2つよりも大変らしいです......。

① 学芸員課程

学芸員課程は学芸員資格を取るための授業です。注意しなければいけないのは、学芸員資格を取ったからといって必ず学芸員になれるわけではないことです。あくまでも学芸員として働くための前提の資格を得ることができるだけです。

学芸員課程の講義を正式に取ることができるのは2年生からです。2年になる前に説明会があり、その出席履修費書類の提出を経て学芸員課程を取ります。2・3年で主に講義の単位を取り、4年では博物館実習が始まります。実際の博物館へ行き、学芸員の方から様々なことを教わります。

学芸員課程の単位は卒業必要単位に含まれません。学部の単位にプラスして取らなければいけないうえに、資格取得のための単位なのでレポートもかなり多いです。3年からは学部の演習や就活もあると思うので、なるべく早めに単位をとるのがおすすめです。


② 司書課程

司書課程は図書館司書資格を取るための授業です。これも学芸員課程と同じく、司書資格を取っても必ず司書としてすぐに働けるわけではないことを念頭においてください。

学習院大学で司書課程を取る場合、授業自体は学習院女子大学で行われているものを取る形になります。コロナ禍ではオンラインなのでほとんど関係なかったのですが、通常は学習院女子まで行かなければいけないのが大変です。(学習院から歩いて20分ほど、バスもあります)

司書課程も正式に取ることが出来るのは2年からです。学芸員と同じく、説明会への出席と履修費と書類の提出が必要になります。実習はなく、2・3・4年で講義を取るのですが、演習の授業が多くなっており課題も大変です。司書課程も卒業必要単位に含まれないため、早めに単位を取っておいた方が良いです。


4. まとめ

以上、学習院文学部哲学科の紹介でした!

課題が大変だということをさんざん書いてきましたが、授業の内容や資料は本当に充実しており、周りの人も同じように頑張っているので、勉強はとても楽しいです。哲学または美術を本格的に研究したい人にはピッタリの学科だと思います。

学習院文学部哲学科でお待ちしております!


2022年8月16日火曜日

勉強に集中できないときは

こんにちは!
皆さん夏休みはどうお過ごしでしょうか?
勉強は進んでいるでしょうか?
なかなか長時間集中できないという人もいると思います。
ということで今日は勉強に集中できないときのおすすめのリフレッシュ法についてお話します。

一つ目に紹介するのが、昼寝をすることです。
これは実践している方もいるかもしれません。
昼寝にはリラックス効果や集中力の向上、疲労回復などのメリットがあります。
実際に僕も受験生のときは昼寝をして切り替えをするようにしていました。
ちなみに、昼寝に最適な睡眠時間は20~30分と言われています。

二つ目に紹介するのは、散歩をすることです。
一日中マナビスで勉強している人も多いかと思います。
しかし、一日中マナビスにこもっていては疲れてしまいますし、集中力もなくなってしまいます。
経堂周辺にはお店が沢山あったり、面白い場所があったりと散歩をすると新たな発見ができるのでぜひ散歩をしてみて欲しいです。

三つ目に紹介するのは、一日休むことです。
これは、どうしても集中できなくて気力もなくなってしまったときの最終手段ですが、一旦勉強から離れることも大事です。
どうしても集中できないときに無理してダラダラと勉強するのは効率が悪いです。
割り切って休息をとってリラックスしてまた勉強に戻る方が効率がいいと思います。

以上、三つの方法を紹介しましたが、これらには注意点があります。
それは、リフレッシュした後は切り替えてしっかり勉強に取り組むことです。
せっかくリフレッシュをしてもその後もだらけていては意味がありません。
しっかり勉強に切り替えられるようにしましょう。

みなさんが夏休み期間に充実した勉強時間を過ごせることを期待しています!



2022年7月7日木曜日

夏休みに何をするか

 こんにちは!暑い日が続き、夏休みが近づいてきました。受験生にとって夏休みは受験の天王山ともいわれる重要な期間です。ということで、今日は夏休みの勉強計画についてお話したいと思います。

 夏休みには膨大な時間があります。ただ、この膨大な時間も計画的に過ごさないとすぐに流れていってしまいます。夏休みに勉強を進めたいという方はまず、そうならないように夏休みに入る前に計画を立てましょう。しかし、必ずしも計画通りに進むことはありません。では、なぜ計画通りに進まないのでしょうか。これを解決すれば理想的な勉強を進めることが出来ます。僕が考えるに、理由は2つあります。

 1つ目は、自分に甘えてしまうからです。なんとなくだらけてしまうことやサボってしまうことがあるはずです。これを解決するには自分に厳しくすることですが、人間は誰でも自分を甘やかしてしまいます。甘やかさないようにする対策として僕が考えるのは、計画を立てるときに無謀な計画を立てない事です。無謀で厳しすぎる計画を立てると途中でついていけなくなり、サボってしまいます。そうならないように無理のない計画を立てることが大事です。

 2つ目は、計画があまり具体的でないからです。例えば、夏休み中に問題集を1冊終わらすという計画は、夏休み序盤の方はまだまだ夏休みは長いからと進むスピードはあまり早くないです。なぜなら先ほど話したように人間は自分に甘くなりがちだら。夏休み序盤でサボった結果、計画通り終わらなくなってしまうのです。このように計画が具体的でないと達成せずに終わってしまいます。仮に、問題集を1日4ページ進めるという計画に変えたらどうでしょうか。先ほどよりもやることが簡単になった気がしませんか。具体的な計画を立てることで、ハードルを下げて自分のやるべきことを明確にするのです。

 このように計画は、無理せず具体的に立てるのがオススメです。まだ、夏休みに何をやるのか決めていない方は計画を立てるときの参考にしてみて下さい!